もうAGAとは言わせない!出会ったミノキシジルタブレットとの軌跡

ミノキシジルタブレットの詳細

AGA(男性の薄毛)でお悩みの多いと思います。
かく言う私もその一人で、様々な育毛剤を使いましたが、そのいずれも、劇的な効果と言うほどのものはありませんでした。
本記事で取り上げるのは、そんな中唯一効果があった医薬品、ミノキシジルタブレットです。

ミノキシジルタブレット、これは読んで字の如く、ミノキシジルをタブレット状にした医薬品です。
ミノキシジルという成分自体は、リアップの成分などで有名ですので、すでにご存じの方も多いのではないでしょうか。
ミノキシジルについて簡単に説明すると、ファイザーの前身でもある、アップジョンによって60年代にはすでに開発がされていました。
もともとは、高血圧治療薬として研究されていましたが、血管の拡張からくる発毛効果が発見され、徐々に育毛の成分として用いられてきたのです。
わが国で育毛剤として認めらているのは液状のものですが、実は同じ成分でも身体の内部から成分が行きわたる内服薬のほうが、AGAに対してはるかに高い効き目があります。

肝心なミノキシジルタブレットの効果ですが、これは確実にあると言えるでしょう。
現在服用して4ヶ月目の私ですが、頭頂部はもちろん、難しいと言われている生え際の発毛も実感できています。
血管の拡張だけでこれだけ発毛が可能なのかと驚きましたが、非常に強力な効果を持つ医薬品なので、副作用もそれなりに感じられます。

現在流通している成分量は2.5mg、5mg、10mgです。
私の場合は1日10mgを決まった時間に服用していたときは足のむくみがかなりみられたのと、手足のムダ毛が増えました。
現在は10mgを半錠で1日1回服用しているのですが副作用もほぼ感じなくなり、発毛だけが実感できています。
抜け毛防止のプロペシアとの服用なのでその影響もあるやもしれません。
錠剤ゆえの手軽さ、そして効果の高さから最良のAGA対策とされるのも納得です。
今まで他の育毛剤が効かなかったかたにこそおすすめしたい医薬品です。